安心安全なカーライフを支える車両保険について

会議

等級を引き継げる

自動車保険の移行が活発に

男女

自動車保険は以前、保険会社の販売店がディーラーなどに営業をかけ、ディーラーからの斡旋などの形で顧客を獲得していました。そのことによって、顧客である加入者は何らかの形で保険代理店の担当者と顔見知りとなり、何か困ったことがあれば、代理店担当者に相談をするというフローが構築され、結果的に加入者と代理店が担当社との間に人間関係が構築されて、毎年半ば自動的に自動車保険を更新する流れができていました。しかし、通販型自動車保険が登場し、その価格の安さと等級を引き継げるという通販型自動車保険のメリットが認識されることによって、自動車保険の主流が通販型自動車保険に移行してきており、今日では一括見積サービスなど、より安い保険会社を探しやすい環境が整ったこともあり、通販型自動車保険が主流となってます。

より安い保険会社の選択が容易に

自動車保険の以降の際に等級が引き継げるという事は、毎年異なる保険会社と契約をしてもリスクはないという事を意味します。そして自動車保険は希望する条件が異なれば、最も安い保険会社が変わる可能性のある商品です。 だからこそ前途の一括見積サービスが利便性の高いサービスとして進展してきているのです。一括見積サービスは加入者が希望する保険の保障内容と現在の等級をWEB上の一括見積のサービスサイトに入力すれば自動的に複数の保険会社から見積がメールやハガキで届くというサービスです。これによってより安価な費用で加入できる保険会社を探すことができます。加えて口コミサイトなどで事故対応などの評判を加味すれば、自分にとっての最適な自動車保険を毎年選択することが容易になるのです。 等級を引き継げることによって、こうした運用が効果を生む環境が整うのです。