安心安全なカーライフを支える車両保険について

会議

適した保険を選ぶ

自動車保険への取り組み

男女

1996年に自動車保険は自由化の扉を開き、1998年に完全自由化となりました。これによって、今までいずれの保険会社も補償や保険料がほぼ横並び状態だったのが、差をつけられるようになっていきます。 つまり、自動車保険によって同じ内容で契約しても保険料が大きく異なることになったのです。 そして、1997年には通販型保険、いわゆるダイレクト保険がスタートしています。これでいくつかの保険会社を比較し、契約者の運転条件に合わせて補償を選べるようになり、必要ない補償を省くことによって保険料の削減が可能になりました。これをリスク細分型契約と言います。 このように、現在の自動車保険は契約者の条件に合わせて契約できるようなっています。

ダイレクト保険の時代

今まで自動車保険の契約方法としては、代理店契約が主流でした。保険代理店を介して契約する方法で、プロに相談しながら契約できる反面では代理店に手数料を支払う必要があるため、割高なのがネックです。 今はいかに安く自動車保険を契約するかに注目が集まっているため、代理店契約に変わって通販契約が主流になってきています。代理店を介さずに保険会社と消費者が直接、インターネットや電話で契約申し込みをする方法です。 自動車保険の比較幅も広く、比較した中で最も自分に適して安い保険契約ができるのが特徴です。また、比較もネットから手軽にできるため、多くの方が利用しています。 大手損保が参入している保険ですので、今後は益々ダイレクト保険の層が広まっていくでしょう。